心筋症と闘う広島男子と英国女子の記録

2015年4月に国の指定難病である「特発性拡張型心筋症」を発症。 大阪大学病院にて補助人工心臓(Heart MateⅡ)装着手術を受け、心臓移植待機者となる。 その間、発症からの心境を記したこのブログを開設する。 2016年には高校教師として社会復帰を果たし、現在は移植医療の啓発と闘病中に見つけた『人生で本当に大切なもの』を伝えるために広島を中心に介助者でもある英国女子のパートナーと共に活動中。

元気です。

元気です。

 

しっかりご飯食べて、寝て、仕事して、ゴソゴソしています。

 

私の体のことは1度も忘れたことはありません。

体調が良いからといって調子に乗っているわけでもありません。

 

一つ一つ前進。自分ができることを全う。