心筋症と闘う広島男子と英国女子の記録

2015年4月に国の指定難病である「特発性拡張型心筋症」を発症。 大阪大学病院にて補助人工心臓(Heart MateⅡ)装着手術を受け、心臓移植待機者となる。 その間、発症からの心境を記したこのブログを開設する。 2016年には高校教師として社会復帰を果たし、現在は移植医療の啓発と闘病中に見つけた『人生で本当に大切なもの』を伝えるために広島を中心に介助者でもある英国女子のパートナーと共に活動中。

ハートメート「心の友」

先日の記事で皆さんにご心配をおかけしてしまいました。

 

私自身、書いた日から数日は気持ちが晴れず、書いてしまったことを後悔する気持ちにすらなりました。

 

しかし、Facebookやここでのコメントに励まされ、また気づきや学びをもらい、そして共感して下さる方もいらっしゃいました。

 

少しずつ待機時間が長くなる中で、学んだはずの当たり前の生活への感謝から、少しずつ欲も見え隠れし始めてきました。「私もそうだよ。」その言葉にすごく救われました。

 

生き続ける理由と生かされているということ。自分だけの命ではない。

 

そして、いろんな葛藤を共有して下さり、「それでいいんだよ」「同じことを思っていました」気持ちがすごく軽くなった気がします。

 

コメントやメッセージを頂いた方の中には、直接には会ったことがないという方も多くいらっしゃいます。

 

それでもその言葉に私は救われました。ありがとうございました。

 

お互いに同じ境遇の方もいれば、違う境遇の方もいる。

その中でお互いに支え合い、気づきあい、時には弱音をはき、励ましてもらう。

 

まさにハートメート「心の友」のような気がしています。

親友ならぬ心友。とても心強いです。

 

いつもありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします。 

にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へにほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ