心筋症と闘う広島男子と英国女子の記録

2015年4月に国の指定難病である「特発性拡張型心筋症」を発症。 大阪大学病院にて補助人工心臓(Heart MateⅡ)装着手術を受け、心臓移植待機者となる。 その間、発症からの心境を記したこのブログを開設する。 2016年には高校教師として社会復帰を果たし、現在は闘病中に見つけた『人生で本当に大切なもの』を伝えるために広島を中心に介助者でもある英国女子の妻と共に活動中。

東京都のヘルプマークを広島県にも導入を!!①

ヘルプマーク

 

ご存知ですか?

 

ベルマークじゃありませんよ。ヘルプマークです。

 

分からない?知らない?

 

 

正解は、

ずばり!こちら。 

                            f:id:moai9rin3DK:20170105191004j:plain

        ちなみに私のです。補助人工心臓のカバンにつけてます。

 

あ、見たことあるーーーー!!!!

って方いらっしゃったかもしれません。

 

もし、自分の住んでいる場所で見たことがある方は、そのお住いの都道府県はこのヘルプマークを導入している証拠です!

 

電車や街中、いろんなマークがありますよね。

例えば、

              f:id:moai9rin3DK:20170105182526p:plain

もちろんご存知ですよね。

                 f:id:moai9rin3DK:20170105182158j:plain

電車の中などでよく目にしますよね。緑のマークもそれぞれ何を意味するか皆さんすぐ分かると思います。

 

さて、

ここで、皆さんに問題です!

 

じゃじゃん!早押しです!己と競争して下さい。

 

上のヘルプマークと下の青と緑のマーク

マークの意味として決定的に違うことがあります。

それは何でしょう!?

 

 

 

ピコん!

 

 

はい、正解は、

下の青と緑のマークは単純にそれぞれの状況と人を表している(車椅子の方、乳幼児を連れている方、お年寄りの方など)に対して、

 

上のヘルプマークは何らかの理由で援助が必要だよ!

もしくは必要な時は助けてね!という

ピールのためのマーク!です

 

と、私は思ってるんですが、どうでしょうか。。。。

 

では、

どういう方が対象なのか。

 

ヘルプマークを導入した東京都福祉保健局のホームページによると、

 

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。

一部抜粋  ヘルプマーク 東京都福祉保健局

 

とあります。つまり、周りから、外見からでは判断できない方が、自分から「私、援助や配慮必要だよー!」っとアピールできるマークなのです。

f:id:moai9rin3DK:20170105181702j:plain

 

 

え!?

それって、

ヘルプが必要な人とその他大勢の人たち両方にとって、どっちもプラスじゃん!!

 

っと。単純な脳細胞しかない私は感激しました。

 

自分で言うのも何ですが、何も知らない人からは私の障害や病気のことなんて全く分からないと思います。

 

私もたまーに「知ってほし〜なぁ〜、ちょっとヘルプしてほし〜なぁ〜」っと思っても、通りがかる人や、電車の中、初対面の人に向かって、

 

「私は拡張型心筋症を発症しており、補助人工心臓を装着し、心臓移植待機中であります!!!!以後お見知りおきを!!」

 

なんて事は、言えません。だから黙ってます。だから向こうも分かりません。

 

そして、そんな私も外見では分からない方がいたら、その人のことは分かりません。

 

でも、もし「知ってたら。」それだけで全然違うと思います。

 

「何がどういう状態か」、なんて事は二の次でいいと思うんです。

要は「何か配慮、援助が必要かどうか」

だけ知っておいて欲しいんです。

 

そういった意味で、多くの方が対象となるこのヘルプマーク。

とっても意義があるものだと私は感じていますが、皆さんいかがでしょうか?

 

あらゆる事情や理由がある方たちが使うことによって、助け合いの輪が広がると思います。多くの方が共通認識として知っているだけで、とても安心感があります。 

 

ただ、そんなヘルプマーク。

 

え?

あなたの都道府県にはないって?

 

え?

そちらのあなたの都道府県にもないって?

 

広島県

あれ?

自分のとこもないや。

 

何でだろう?

次回は配慮、援助のマークの乱立とその歴史、各都道府県の取り組みについてお伝えしながら、何でだろうを探っていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました♩

ポチッとブログ応援もいつもありがとうございます!

にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ

 

 

PS.私のヘルプマークは、このブログを通じて知りあった関東圏在住の方にわざわざ東京でゲットしたものを広島まで送って頂きました!!!!Kさん!ありがとうございます♩