心筋症と闘う広島男子と英国女子の記録

2015年4月に国の指定難病である「特発性拡張型心筋症」を発症。 大阪大学病院にて補助人工心臓(Heart MateⅡ)装着手術を受け、心臓移植待機者となる。 その間、発症からの心境を記したこのブログを開設する。 2016年には高校教師として社会復帰を果たし、現在は闘病中に見つけた『人生で本当に大切なもの』を伝えるために広島を中心に介助者でもある英国女子の妻と共に活動中。

押しつぶされる。

急に気持ちが押しつぶされそうになる。

 

一生懸命考えないようにしても、一瞬のうちに頭を支配する。

 

「なぜ自分が?」

 

「なぜなぜなぜ」

 

と同時に自己嫌悪。「じゃあ一体誰だったら良かったのか?」

 

今まで自分が一体何をした。

 

もうこの人生一秒たりとも、心のそこから安心することはないのか。

 

自分の光の仮面の下には、とても暗いものが潜んでいる。

 

その暗さを隠すために、それ以上に輝く光の仮面をかぶっている自分に気づく。

 

でも、いくら落ち込んでも、恨んでも時間はかえってこない。

 

「もしもあの時」に戻れるなら、今すぐこの命を絶ってもいい。

 

ぐるぐると回り続ける螺旋階段はいつまで続くのか。

 

「神様は乗り越えられる人にしか困難や試練を与えないのよ」

 

「神様は乗り越えられない試練は与えないのよ」

 

神様なんていなきゃ良かったのに。

 

「乗り越える」と言うけれど、越える先なんてないじゃないか。ただ落ちないように必死に壁にしがみついてるだけ。

 

誰かに何かを望むわけでもない。誰かが何かをできるわけでもない。

 

のししかかる巨大な不安や恐怖に、ただただ孤独に耐えるしかない。

 

押しつぶされぬように、ただ耐えるしかない。

 

ぐるぐる回るポジティブとネガティブを永遠に繰り返すだけ。 

    www.youtube.com

 

There are dreams that cannot be, and there are stroms we cannnot weather. 


I had dream my life would be, so different from this hell I'm living. 

 

So different now, what it seemed. Now life has killed the dream I dreamed. 

 

 

いつもは勇気づけ役のDKですが、今日は珍しく曇り空です。

でも、それもあるがままの自分なので吐き出してしまいました。すいません。
止まない雨はないのであれば、ずっと晴れのままもないはず。たまに降る雨は何かを成長させてくれるためには必要なはず。

 

弱気の自分、ネガティブな自分。無理をせず自分に正直でいきましょう。

相手は手強いですから。