心筋症と闘う広島男子と英国女子の記録

2015年4月に国の指定難病である「特発性拡張型心筋症」を発症。 大阪大学病院にて補助人工心臓(Heart MateⅡ)装着手術を受け、心臓移植待機者となる。 その間、発症からの心境を記したこのブログを開設する。 2016年には高校教師として社会復帰を果たし、現在は移植医療の啓発と闘病中に見つけた『人生で本当に大切なもの』を伝えるために広島を中心に介助者でもある英国女子のパートナーと共に活動中。

VAD先生VS生徒

こんにちは!

熊本、エクアドル地震が発生しています。

一生懸命生きようとする命をいとも簡単に奪ってしまう天災の恐怖に、ただただどうしようもない無念さと悔しさがこみ上げます。。被災地のライフライン復興と被災者の方が1日でも早く安心して暮らせることを祈ります。

 

 

 

さて、

4月から教育現場で仕事させてもらうことになり、徐々に生徒たちと関わることが多くなってきました。

ちなみに、まだ生徒たちには私の病状のことは話していません。週1の1時間だけ授業があるクラスの生徒たちには話すつもりですが、どうやって話そうか.....まだ考え中です。

 

とりあえず今の段階では、なぜかいつもカバンを持ち歩いている、完全に見た目にはフツー(耳が潰れている以外。笑)の先生に対する生徒たちの反応を楽しんでいます。笑

 

というワケで、今回は今までにあったVAD先生VS生徒たちとの面白いやりとりについて紹介します!(生徒は全く知らないので悪気はありません!一番悪いのは私です。笑)

 

レスリングをやっていたと自己紹介すると、元気の良い男子生徒からガチンコ腕相撲を挑まれる。

→すまん、今はできん!とやんわり断る。→どっかケガしとん?と心配される。

 

・男子生徒に一緒に筋トレをやろうと誘われる。

→いつかね!とその場を流す。そのいつかの前にその子は卒業します。笑

 

・スポーツができそうだからと運動部の顧問を頼まれそうになる。

→状況を察知した他の先生がやんわりと話をそらしてくれる。

 

・カバンを持って歩いていると、「先生もう帰るん?」と聞かれる。

→そうそう〜と適当に答えると、じゃあ私も早退しよ〜と言い出すので必死に止める。笑

 

・そのカバンの中身、財布?と聞かれる。

→ある意味、財布より大事なもんよと意味深な返しをする。(財布より大事です。笑)

 

・じゃれて軽〜い体当たりをくらわせようとしてくる。

→両手を体の前でクロスして必死に防御する。笑 

 

番外編

レスリング指導にベストタイプ(機械が見える)で行った時の新人の小学生の反応

(小)その機械なにーーーー?

(私)これつかって変身するんよー、仮面ライダーみたいにね!(仮面ライダーポーズ)

(小)ふーん、じゃ、変身して。

(私)う..... 

ショッカーばりに撃沈されました。笑

 

生徒たちの反応が新鮮で面白いので伝えるのはもうしばらくしてからにしようかなぁ。

とにかく仕事は体力的にも徐々に慣れてきました!!

 

だけど、調子に乗らず、ゆっくりのんびりやります!

 

いつも応援ありがとうございます!

にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ