読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心筋症と闘う広島男子と英国女子の記録

2015年4月に国の指定難病である「特発性拡張型心筋症」を発症。 大阪大学病院にて補助人工心臓(Heart MateⅡ)装着手術を受け、心臓移植待機者となる。 その間、発症からの心境を記したこのブログを開設する。 2016年には高校教師として社会復帰を果たし、現在は移植医療の啓発と闘病中に見つけた『人生で本当に大切なもの』を伝えるために広島を中心に介助者でもある英国女子のパートナーと共に活動中。

日英バレンタインデーの攻防

こんばんは!

 

今日は午前中レスリングへ。

子どもたちが繰り広げるマット上での戦いに、私はマットの端で高校生の背後に隠れて応援。そして、チャンスがあれば偉そうに高校生に口とジェスチャーで技を教える、やはりジッとはできませんでした。笑 

 

小さい時から知っているメンバーが成長してどんどん強くなっている姿を見て、10年くらい前までは「昔はあんなに小さかったのにね〜」って私が言われてたのに、いつの間にか自分がそのセリフを言っている事にクラブの歴史を感じました。

 

さて

今日はバレンタインの日。

リンはイギリスでいろいろとバタバタとしていたし、昨日から家族でイタリアへスキー(羨ましいですね〜)に行くと言っていたので、今年は特に何もナシでいいだろうと完全に油断していました。

ガ!

f:id:moai9rin3DK:20160214193131j:plain

昨日、手紙が届いてしまった。。。。汗

そして、facetimeで連絡が.... 

LIN「手紙届いた?、あなたのはいつ届く?今日からイタリアだから14日には見れないけど帰ったら見るね♩」

DK「う.....あ、あの...」

 

ここから日英バレンタインデーの攻防が始まりました。

まず、必死に言い訳を....。

DK「いや、今年は特に何もしないと思って。。。」

LIN「I can't believe it!! OMG!!(Oh my god!) え〜、ありえない。あんたっていつもそう。クリスマスだって、私の誕生日だって滅多に手紙をくれたことないし」

....完全に劣勢.... 

 

ここで、素晴らしい言い訳を思いつく!!

DK 「実は日本ではバレンタインデーっていうのは女性から男性にするもんなんだよ〜、お返しはホワイトデーという決まりがあってね...その時に..」

LIN「それは日本のルール、私はイギリス人だから関係ないし、それにホワイトデーはあんたの誕生日(DKの誕生日も3/14)だから何もしてくれたことないじゃん。」

DK「むぅ..(墓穴掘った...)... え、えーと、 まぁ、日本の男ってのは基本的にイベントごとにあまり興味がないし、そういう行事ごとには疎いんだよね〜」

 

っと、結果的に日本男子全体に責任をなすりつけて攻防は完敗で終了。

 

日本男子の皆さん、海外女子はとんでもなく行事ごとにうるさく、また海外版バレンタインデーは男女両方のイベントなので注意が必要です。
でも、日本版バレンタインデーの朝から無駄にソワソワする感じもいいんだけどなぁ。

 

リンが手紙に書いてた2人の似顔絵。

f:id:moai9rin3DK:20160214193208j:plain

って、わしゃ、相撲取りか!!まげ結い前の遠藤みたいになっとる。
顔のデカさと眉毛に悪意を感じる。。隣のやつ笑っとるし。 

 

今どきはLINEやFacebookですぐメッセージのやりとりできるけど、やっぱり手紙は何だか懐かしくてあたたかい。もうアウトだけど、あいつへの感謝の思い、手紙に書いて明日出しに行きますか。

 

では、みなさんHappy Valentines Day

 

いつも応援ありがとうございます!
※下の3つのうちどれか1つクリックでこのブログの応援になるみたいです。
もし、「応援しちゃろう」って方はよろしくおねがします。
最後までお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ