読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心筋症と闘う広島男子と英国女子の記録

2015年4月に国の指定難病である「特発性拡張型心筋症」を発症。 大阪大学病院にて補助人工心臓(Heart MateⅡ)装着手術を受け、心臓移植待機者となる。 その間、発症からの心境を記したこのブログを開設する。 2016年には高校教師として社会復帰を果たし、現在は移植医療の啓発と闘病中に見つけた『人生で本当に大切なもの』を伝えるために広島を中心に介助者でもある英国女子のパートナーと共に活動中。

神様仏様「両目が揃うその日まで」

こんにちは!ブログ村に参加するようになって、たくさんの新しい方がこのブログに来てくれているみたいです。ありがとうございます。

特に心筋症の所から来られた方は、カテゴリ別の病気の事の所からそれぞれ気になる記事を探して頂けたらと思います。拡張型心筋症/心不全(前兆、発症)投薬治療減塩食事EFとBNP不整脈心臓リハビリICD手術補助人工心臓装着手術記手術後から退院までの流れ機械の管理などをこれでもかっ!!ってくらい書き記していますので、どうぞ参考にして下さい。ここもっと説明せぇとか何か質問があれば気軽にコメントして下さいね。

さて、ちょっと前の話ですが、大阪のアパートの大家さんにこんな所に連れてってもらいました。

f:id:moai9rin3DK:20160207152958j:plain

ん?チビ...??

f:id:moai9rin3DK:20160207153025j:plain

チビだるま達がいっぱい!!

f:id:moai9rin3DK:20160207153223j:plain

こいつらを見てると、もののけ姫のこだまを思い浮かべるのは私だけでしょうか?笑

さぁ、ここはどこでしょう〜?大阪、お寺、歴史に詳しい人は知っているかもしれませんね。

正解はここ。

f:id:moai9rin3DK:20160207153108j:plain

f:id:moai9rin3DK:20160207153126j:plain

大阪の箕面市にある勝尾寺という高野山真言宗の寺院。

奈良時代末期からの古い歴史があり、西国三十三所巡りの23番目のお寺だそうです。(ちなみにワイドショーをにぎわしている清原がやってたのは四国八十八遍路)

途中の坂道をゆっくりゆっくりと歩きながら、厳かな雰囲気と清らかな空気、お経を唱える音に耳を澄まし、ふと「今まで色々あったけど、頑張ってよかったなぁ...」となんだか私まで悟りを開いたかのような何とも落ち着いた気持ちになりました。

拡張型心筋症を発症する前は、せかせかと過ぎる毎日の中で、「時間がない、金がない、楽しくない」と口から出てくるのはナイナイナイの文句ばかり。ゆっくりと目を閉じることも、ゆっくりと空を見上げることもなかったように思います。


「こうなったら神様仏様にお願いや!!病気が治るようにみんなで頼むでぇ!」っと言ってくれる大家さん、そして私の隣で一生懸命に拝んでいる母の姿を見ていると、本当に心があたたかくなりました。

f:id:moai9rin3DK:20160207155058j:plain 

勝尾寺は勝ちダルマとしてダルマさんが有名なようです。あのチビだるまにおみくじがつけてあって、おみくじを引いたらチビだるまをお寺に飾って帰るのが風習だそう。(だから、あんなにチビだるまたちが....)

f:id:moai9rin3DK:20160207153411j:plain

ここには願い事が叶って両目が入れられただるまたちが納められていました。

f:id:moai9rin3DK:20160207153453j:plain

こんなところにもチビだるまたちが。(どうやってのっけたんだ?..)

 

そして、家には中だるまを。片目を書いて、その背中にはお願い事を。。。

両目が揃う日が来ることを祈って。。。

f:id:moai9rin3DK:20160207155118j:plain

いつも応援ありがとうございます!! 

にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ   にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ 
PS:「ブログ更新したけど見た?」と聞くと、「ん?まだ。後での」といつも軽くあしらっていた親父が、ブログ村に参加してからというもの、「おい、昼休みにポチっとしといたぞ」「何位になっていたぞ」といちいちLINEで知らせてくるようになりました。仕事の昼休みにポチっとしてLINEで息子に報告する姿を想像するだけで、ニヤけてきます。笑