心筋症と闘う広島男子と英国女子の記録

2015年4月に国の指定難病である「特発性拡張型心筋症」を発症。 大阪大学病院にて補助人工心臓(Heart MateⅡ)装着手術を受け、心臓移植待機者となる。 その間、発症からの心境を記したこのブログを開設する。 2016年には高校教師として社会復帰を果たし、現在は闘病中に見つけた『人生で本当に大切なもの』を伝えるために広島を中心に介助者でもある英国女子の妻と共に活動中。

解禁 「いつか」は、もうそこにはない。

今日は特別な日

 

去年の3月までレスリングをしながら、「あれっ、少し息があがるなぁ」と思ったのもつかの間、4月には緊急入院して以来、封印していたこいつ。


4月3日の夜中に広島市内の病院へ行き、ベッドに寝かされ、色んなものを体につけられ何が何だか全く理解できませんでした。つい1ヶ月前まで普通の生活していたのに、つい1週間までデートに行って、つい1時間前まで笑っていたのに。

突きつけられたのは「重症です」の言葉。その言葉に私は何より先に「またレスリングできますよね?」と聞いていた。医者は苦笑いしていた。多分、「何言ってんだ、この人は」と思われたんだろう。

 

そして、その日以来こいつを封印していました。
本当は今頑張っている子にあげようと思っていて、「いつか良くなった時、新しくしよう。それまでは使わないから。」と考えていました。
その話をジュニアレスリングの監督にすると、「いま、お前がそれと一緒に指導を頑張ってくれることで子ども達の励みになる。みんなそれを望んでいるぞ」と言っていただきました。

 

その時、私はあることに気づきました。「いつか」はもう私の人生に存在しない事を。
いつか、いつかじゃなくて、いま目の前にこんな自分でも一生懸命できるものがある事を。

そして、今日、こいつをやっと解禁できました。

f:id:moai9rin3DK:20160205222133j:plain

よっ!久しぶり。

f:id:moai9rin3DK:20160205222604j:plain
自分がやることだけが、すべてじゃないんだと自分に言い聞かせ。

f:id:moai9rin3DK:20160205222637j:plain

子ども達の頑張る姿を見るとパワーがみなぎり、こっちまで笑顔になり、

f:id:moai9rin3DK:20160205223418j:plain

あーーーー、でも、やっぱりジッとできず技術指導しちゃった。笑

とても幸せな時間でした。ずっと一人でニヤニヤしてました。

 

そして、今日ちょろっと作業をしてる時、偶然にも懐かしい写真を見つけました。私は大学卒業した後、別に強くもないのにレスリングをやめられず、カナダで生活しながら細々と続けていました。

見つけた写真はカナダ生活最後の記念にと、バンクーバーであった国際大会に出場した時のものでした。なんとも懐かしくて、嬉しくて、泣きそうになりました。笑

f:id:moai9rin3DK:20160205224837j:plain

力と力。汗と汗のぶつかりあい。

f:id:moai9rin3DK:20160205224856j:plain

自由に動けて、息があがる。それってどんな気持ちだったんだろ?

f:id:moai9rin3DK:20160205224921j:plain

写真の中の自分は自分じゃないような、遠い昔のような、不思議な感覚です。f:id:moai9rin3DK:20160205224939j:plain

いま思えばカナダに行くのも、「いつか」と先延ばしにせずに決心して良かったなぁ。

私の人生には「いつか」はもうない。
だからこそ、今日1日を大切に強く前向きに生きていく。



いつも応援ありがとうございます!!

にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ