心筋症と闘う広島男子と英国女子の記録

2015年4月に国の指定難病である「特発性拡張型心筋症」を発症。 大阪大学病院にて補助人工心臓(Heart MateⅡ)装着手術を受け、心臓移植待機者となる。 その間、発症からの心境を記したこのブログを開設する。 2016年には高校教師として社会復帰を果たし、現在は闘病中に見つけた『人生で本当に大切なもの』を伝えるために広島を中心に介助者でもある英国女子の妻と共に活動中。

BNP(心臓の負担度を見る数値)に確変発生!!

みなさん。こんにちは!

 クライマックスシリーズをかけて、広島県民はテレビを前に一喜一憂している今日この頃だと思います。完全アウェーのここ敵地大阪、周りはこてこての阪神ファンばかりの中で、我らがカープを1人細々と応援しています。他の患者が歓声をあげている時は、1人小さくため息をつき、悲鳴をあげている時は、密かにガッツポーズをしております。笑 

 今日は身の危険性すら感じますが、大一番で久しぶりのテレビ中継!声を出さずに一生懸命応援したいと思います。

         f:id:moai9rin3DK:20151004112117j:plain

 

 さて、先日、いつものようにネットの試合速報の更新ボタンを連打している時に、看護師が事前に頼んでおいた血液検査の結果をもってきてくれました。

 

 お目当てはずばり、

BNP(心臓の負担の度合いを見る数値)です!

※詳しくはこちら

BNP、EFって簡単にはこういうことじゃけぇ。 - 心臓病と闘う広島男子と英国女子の生活

 

 現在つけている人工心臓は総称LVADと呼ばれ(LeftのL)、心臓の左側(左心房・左心室/全身に血を送る役割)をサポートをするだけで、右側(全身から返ってきた血を肺へ送る方)は自力で動いています。もし、右側の状態も悪くなった場合は、また心不全状態に逆戻り、重症の場合は体外式人工心臓装着、最悪の場合は....となります。

 

 なので、これまでの生活スタイルを守り、心臓の右側がこれ以上悪化しないようにして、右側の状態を把握しないといけません。この病気に終わりはないのです...泣

 

 そして、それを把握できる一番の目安が、BNPの数値というわけです。今回は手術後初めて見るので少しドキドキでした。ちなみに、BNPの数値の正常値は40以下と言われています。

 

これまでの推移

ここへ転院(7月) 1900 (論外の最悪レベル、発症時(4月)と同じか、むしろ悪化)

8月3日 860 (半分に低下。それでもまだ、重症心不全状態)

そして..... 

9月28日 手術から1ヶ月......

 

数値は110...

110 !!??

つい、「おおっ」っと声をあげてしまいました。

まだ正常値ではないですが、予想以上の改善に感動でした!

 

 そして、外科の担当医からも「現時点で、右側は問題ありませんよ。」との嬉しい言葉が。そして手術前まで診てもらっていた内科の先生にも報告したら満面の笑みで喜んでくれました!!

 

 担当医からは「この回復の早さと経過の良さは、人工心臓装着の判断が早かったからだと思います。判断が遅くなって手遅れになる患者は多くいますから」とのこと。そして、今の状態なら神の薬と紹介したアーチストも最大量まで服用できるだろうとの事でした。確率はとーっても低いですが、このまま心臓が回復すれば、人工心臓を外し、移植も回避できる可能性だってあります。

 

 現実は甘くないし、常にリスクとの戦いなのは十分承知です。

それでも悩み抜いた末に出した自分の選択が形として成果に出た事は、とても嬉しいし、これからのモチベーションにもなるニュースでした!!さぁカープも頑張ろう!

 

 今日の名言

「奇跡は信じた者に起こる」 広島東洋カープ 前田健太選手

f:id:moai9rin3DK:20151004113420j:plain